水戸YEGの紹介

平成28年度所信 会長 竹内 昭人

平成28年度所信

会長 竹内 昭人

 この度は平成28年度水戸商工会議所青年部第29代会長を仰せつかり、大変身の引き締まる思いです。 わたしたち水戸商工会議所青年部は、今年で設立40周年を迎え、これまで以上に水戸の振興に向けて大きな役割を果たしていくべきだと考えます。 諸先輩方が築きあげてきた想いを引き継ぎ、地域社会の活性化につながる力強い一歩を踏み出します。そして笑顔と夢と未来のある地域のために、我々は何をすべきなのか、何を求められているのかを仲間と共に考え、地域振興に寄与する活動を実践することが責務であります。 さらには、青年部活動が地域経済を担う青年経済人の研鑽の場として、より良いビジョンを基にアクティブに行動することが自己の成長・自企業の発展に寄与するものと考えます。 ひいては、水戸の発展の一助になると信じ邁進して参ります。 40周年となる今年度は新しい青年部を作り上げていく絶好の機会です。 私自身も微力ながら会長職を全うする所存で御座います。 どうか皆様の温かいご指導ご協力を賜りますよう1年間よろしくお願い致します。

副会長 細田 眞幸

 この度、竹内会長の下、副会長という大役を仰せつかり責任の重さを痛感している次第です。私自身、まだまだ経験不足で微力ではありますが、全力で会長を支え、会員の皆様や関係各位、諸先輩の方々のご協力を賜りながら水戸商工会議所青年部会員皆様の発展、水戸市を始とする地域の発展の為お役に立てるように尽力する所存であります。至らないところもあるかと思いますが1年間よろしくお願いいたします。

副会長 黒田 重人

 水戸商工会議所青年部40周年の節目の年に副会長という大役を仰せつかり、責任の重さを痛感しております。はなはだ微力でありますが竹内会長を支え、会のお役に立てるよう努力したいと思います。至らぬ点も多々あるかと思いますが一年間どうぞ宜しくお願い致します。

副会長 渡辺 潤

 この度は、竹内会長のもと初めて副会長という大役を仰せつかり、改めて執行部としての責任の重さを感じております。入会後、関東ブロック・県連へ出向させて頂いた経験・コネクションを活かし、微力ではありますが、竹内会長を支えて行きたいと思います。また、青年部メンバーと執行部の懸け橋となるよう努めてまいりますので関係各位、諸先輩の方々のご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

副会長 石田 典惣

 今年度は水戸YEGとして40周年、水戸商工会議所として120周年を迎え、いろいろな意味で区切りであり、変革の年だと思います。様々な事業が予定されている中で、水戸YEGの為に、商工会議所青年部の指針に「行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務」とある通り、思い描くだけでなく自らが行動したいと思います。そして、竹内会長をサポートしながら、担当であるジュニアエコノミーカレッジin水戸の益々の発展と子ども達の未来の為に尽力したいと思います。初執行部ですので、皆様のご支援とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

副会長 野口 順市

 この度は、竹内会長のもと初めて副会長という大役を仰せつかり、改めて執行部としての責任の重さを感じております。また40周年という記念すべき事業の担当副会長ということもあり、青年部としてまだまだ経験不足ではございますが、自分の役割を自覚し、青年部メンバーと執行部との懸け橋となるよう努めてまいります。40周年事業が素晴らしいものになるように、竹内会長をしっかりと支え一生懸命努力して参りますので、1年間宜しくお願い致します。

専務理事 録田 所信

 この度は専務理事を仰せつかり大変身の引き締まる思いでおります。竹内会長を陰ながら支えられるように、そして微力ではありますが会長とメンバーの皆さんとの懸け橋になれるように全力で大役を演じて行きたいと思います。本年度は水戸商工会議所が120周年を迎え、さらには青年部40周年の折、先人の遺したものを再確認し、私たちが何を遺せるのかを考え、積極的に行動して行くことをお約束致します。そして、50周年の際にはさらに素晴らしい水戸・水戸YEGになるように、皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

基本理念

水戸商工会議所青年部は、会員相互の交流を通じ自らの資質向上を図り、地域の発展に貢献する。

スローガン

ActiveVision(アクティブ ヴィジョン)

基本方針

 近年、東日本大震災や関東・東北豪雨での洪水などの自然災害から復興しようと茨城県全体でも様々なイベントや事業が行われていますが、未だ先行きが不透明な状況です。また、魅力度ランキング最下位が例年当たり前のようになり、日本国内での知名度もまだまだ低いままとなっております。しかし、この現状を打破すべく、我々青年部は日夜積極的な活動を続けています。
 その様な中、水戸商工会議所は今年で創立120周年、青年部は創立40周年を迎えます。今こそ我々青年部は、諸先輩方から引き継がれてきた想いを胸に、まずは水戸の活性化へとつながる力強い一歩を踏み出します。なぜなら、笑顔と夢が溢れる水戸の明日のために、何をすべきか、何を求められているかをメンバーと共に考え、時代の変化に対応しながら積極的な活動をすることが責務だからです。その為には、地域経済を担う若手経営者の相互の研鑽の場として行動力を発揮し、各種の事業を積極的に企画・実行し青年部活動を通して自己の資質向上を図ることが、自社の発展へとつながり、ひいては地域社会の発展に寄与する事と信じています。
 そこで、今年度は『Active Vision』をスローガンに掲げ、青年部らしく柔軟な発想と積極的なチャレンジで、全ての活動に邁進していきます。
 以上の観点から平成28年度水戸商工会議所青年部の運営方針として下記6点を挙げます。

(1) 地域経済の発展のため、笑顔と夢が溢れる事業に臨む。
(2) 商工会議所及び関係諸団体との地域事業活動に積極的に参加する。
(3) 他団体との交流を深め、地域創りに貢献する。
(4) 会員相互の情報・意見交換・意思疎通を積極的に行い、青年部活動に反映する。
(5) 県青連及び県内外YEG並びに商工会議所・OB・女性会との交流、連携を深める。
(6) 会員拡充を積極的に行う。

事業計画の細目

1.諸会議の開催
(1)会員総会及び臨時会員総会の開催
(2)役員会の開催
(3)各委員会の開催
(4)その他諸会議の開催
2.研修に関する事項
(1)例会への積極的な参加
(2)経営全般に関する研修
(3)街づくり・地域貢献活動の調査研究
(4)商工会議所活動への積極的な参加
(5)地域ブランドの企画開発
3.交流に関する事項
(1)会員間の積極的交流
(2)他団体との交流
(3)各地商工会議所青年部との交流
(4)水戸商工会議所及び関係諸団体との交流
(5)茨城県商工会議所青年部連合会への参加
(6)姉妹YEG・友好YEGとの交流
4.広報・組織拡充に関する事項
(1)地域ブランドの発信
(2)新入会員の増強及び研修の強化
(3)青年部ホームページの管理・活用
(4)青年部内 情報瓦版の発行
(5)エンジェルタッチの管理・活用
(6)商工会議所会報「ひろば青年部」の活用
5.商工会議所及び水戸市事業への協力
(1)水戸市産業祭「商工祭」への協力
(2)水戸黄門まつりへの協力
(3)その他諸事業への協力