水戸YEGの紹介

令和2年度所信 会長 宮野 和幸

令和2年度所信

会長 宮野 和幸

 令和2年度は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される記念の年です。水戸商工会議所青年部、第33代会長という大役を拝命し、改めてその責任の重さに身の引き締まる思いと共に光栄な事だと感じております。
 会長として、最初に1年間活動する上で何を信じ行動していくか考えた時に、一度原点に返り、なぜ商工会議所が出来たのかを考える必要が有ると考えました。そして、商工会議所の前身である東京商法会議所をなぜ渋沢栄一翁が作ったのか?を考えてみました。渋沢栄一翁は東京商工会議所を創立した時の想いとして「民の繁栄が、国の繁栄につながる」と言う言葉がありました。
 これは国だけは無く各地方でも同じ事ではないかと思い、まずは、メンバー一人ひとりが交流と研鑚を通し自企業が発展し、地域が発展していけるような青年部活動を行って行く事が一番だと考えました。
 改めて、今まで行って来た青年部活動を振り返ってみると、自企業の発展に繋がるような多くの例会・事業をして来た事に気付き、青年部の素晴らしさを実感する事が出来ました、同時に、先輩方が試行錯誤しながら作り上げて来た青年部が有ったからこそだと感じる事が出来たと思います。
 その思いを受け継ぎ、水戸YEGに入会した事によりメンバー一人ひとりがスケールメリットを感じ、楽しく進化し発展出る様邁進して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

副会長 岡野 裕行

 本年度、宮野会長より副会長という大役を仰せつかり、身の引き締まる思いです。
 本年度スローガン『Evolution』~進化を楽しみ未来に向かって突き進もう~の名のもと、青年部がより一層会員に、そして地域に貢献できる青年経済団体へと進化できるよう微力ながら精一杯役目を果たしていきたいと考えておりますので、1年間どうぞよろしくお願い致します。

副会長 小又 俊介

 本年度副会長を拝命することになり、大変身の引き締まる思いです。水戸YEGに入会して、8年目になります。様々な経験をさせて頂きました。たくさんの諸先輩方に支えられ有意義なYEG活動をすることができました。今年度は、宮野会長の下、若い目線を活かし水戸YEGの為に躍動していきます。まだまだ、若輩者ではございますが、1年間どうぞ宜しくお願い致します。

副会長 須田 絵梨奈

 本年度、宮野会長のもと副会長という大役を仰せつかり、身の引き締まる思いであることはもちろんですが、その反面とてもワクワクしています。宮野会長の掲げたスローガン『Evolution』~進化を楽しみ未来に向かって突き進もう~を私なりに解釈し、自分自身の進化、メンバーの進化、水戸YEGの進化を後押しできるよう精一杯努めていきたいと思っております。担当委員会はジュニエコ委員会となります。今までジュニエコに様々な形で6年間携わってきました。その知識と経験が本年度の委員会運営に少しでも役立てばと思っています。この1年間は宮野会長を全力でサポートし、メンバーと青年部活動を全力で楽しんでいきたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

副会長 日西 智則

 令和2年度副会長を仰せつかることとなり、大変光栄に思うと同時にその責任の重大さを肌で感じ、身の引き締まる思いです。水戸YEGに入会して、4年目を迎えました。これまで、水戸YEGのメンバーはもちろん県内外の沢山のYEGの方々と交流させて頂くことが出来ました。この出会いは、私自身と自企業にとってかけがえのない物です。今年度は、宮野会長の下、様々な出会いの楽しさや活動することへの意義をお伝えして行きたいと思っております。
 1年間精一杯頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。

専務理事 海老澤 裕

 このたび、専務理事を仰せつかりました。このような機会を与えていただいたことに感謝しています。
 1年を通すと、様々な事業、交流の機会があります。メンバーのみなさまと楽しく、自社の発展、自己の成長のための学びを重ねていきたいと思います。宮野会長をサポートしつつ、目の前のことからコツコツと努力し、お役に立てるよう精進してまいります。これから1年間、どうぞよろしくお願い致します。

基本理念

水戸商工会議所青年部は、会員相互の交流を通じ自らの資質向上を図り、地域の発展に貢献する。

スローガン

Evolution ~進化を楽しみ未来に向かって突き進もう~

基本方針

 令和2年度は、東京オリンピック・パラリンピックが開催され移動通信システムも4G(Generation)から5Gに代わる変化と記念の年です。また、経済においても、IT(情報技術)・IoT(Internet of Things)・ICT(情報通信技術)化が進み、AIを活用した新たな試みなど、私たちの取り巻く環境も急激に変化をしています。
 激動の時代だからこそ、ビジネスチャンスや、自企業の新たな発展が有ると考えます。まず、メンバーの皆様には青年部や親会を有効に活用して頂きたいです。  青年部活動を通して自己の研鑽に努め、そして自身を進化させ、ひいては自企業を進化させて頂きたいと考えます。
 青年経済人として、積極的に会員間の交流を行う事はもちろんの事、青年部の諸先輩や親会との交流の中でいろいろな気づきも有るはずです。交流を通して、今まで以上に強固な繋がりを構築しこの激動の時代を乗り越える関係性を作って下さい。
 そこで、今年度は『Evolution』~進化を楽しみ未来に向かって突き進もう~をスローガンに掲げ、この変化の激しい時代に集ったメンバーだからこそ乗り越えていけると信じ、若き企業家集団として、時代の変化に臆することなく楽しみながら、自己研鑽を図り、自企業と地域が共に成長出来るような青年部活動に邁進して参ります。

以上の観点から令和2年度水戸商工会議所青年部の運営方針として下記6点を挙げます。

(1)地域経済の発展のため、青年らしく変化を楽しみ学ぶ。
(2)商工会議所及び関係諸団体との地域事業活動に積極的に参加する。
(3)他団体との交流を深め、地域創りに貢献する。
(4)会員相互の情報・意見交換・意思疎通を積極的に行い、青年部活動に反映する。
(5)県青連及び県内外YEG並びに商工会議所・OB・女性会との交流、連携を深める。
(6)会員拡充を積極的に行う。

事業計画の細目

1.諸会議の開催
(1)会員総会及び臨時会員総会の開催
(2)役員会の開催
(3)各委員会の開催
(4)その他諸会議の開催
2.研修に関する事項
(1)例会への積極的な参加
(2)経営全般に関する研修
(3)街づくり・地域貢献活動の調査研究
(4)商工会議所活動への積極的な参加
(5)地域ブランドの企画開発
3.交流に関する事項
(1)会員間の積極的交流
(2)他団体との交流
(3)各地商工会議所青年部との交流
(4)水戸商工会議所及び関係諸団体との交流
(5)茨城県商工会議所青年部連合会への参加
(6)姉妹YEG・友好YEGとの交流
4.広報・組織拡充に関する事項
(1)地域ブランドの発信
(2)新入会員の増強及び研修の強化
(3)青年部ホームページの管理・活用
(4)SNSによる青年部活動の発信
(5)エンジェルタッチの管理・活用
(6)商工会議所会報「ひろば青年部」の活用
5.商工会議所及び水戸市事業への協力
(1)水戸市産業祭「商工祭」への協力
(2)水戸黄門まつりへの協力
(3)その他諸事業への協力